産業ジュニア・リーダー

産業ジュニア・リーダー養成コース

目的・内容

実務遂行の担い手である中堅・若手社員が、主体的に自分の役割を自覚し、
「職場の中核」として活躍出来るリーダーに成長するための宿泊研修コースです。

本研修3つのねらい
1.異業種の交流による刺激と行動
異業種各社の参加者同士が相互の刺激を糧にしながら知恵を出し合い、自己が取り組む課題への気づきを深めていきます。
2.現場の創造力による課題解決力
現場を悩ませる問題を具体的に取り上げて、課題設定のうえ、解決策を検討する演習等を通して互いの知恵を集めながら仕事の改善に取り組む力を養います。
3.人を動かす対話・説得力の向上
相手の心を掴む対話・傾聴や説得(プレゼンテーション)の演習を積み重ねながら、円滑なコミュニケーションで場を活性化する力を高めていきます。
5つの特徴&研修効果
中堅リーダーに期待される役割の確認
異業種の交流や参加者間のディスカッションが深まることで、視野が広まり、リーダ―としての意識や自覚が高まり、コミュニケーション能力も向上します。
自ら考え、学び取っていく
問題解決のための実践的な技法や手法の体得やグループの相互効果によって、問題意識が向上し、解決へのヒントや糸口を掴みます。
フィードバックによる啓発
一人ひとりが対話演習などでの相互フィードバックや、講師からのコメントなどを通して、自己を顧みることが出来、習得した知恵や知識を職場で応用する事に繋がります。
現場の知恵を活かす討議の深まり
参加者は職場で上手く行かない実務上の問題を取り上げて、互いに知恵を絞り、学んだ手法を活用しつつ、自らの手で解決策を導き出す、実践的な学習プロセスです。
視野の拡大と一人ひとりの成長
人と人との深い関りが、人間を成長させる原動力となります。宿泊と交流の効果をフルに活かし、参加者個々人が視野を広げて活躍出来るよう、サポートする研修です。

最近グループ討議で採り上げられたテーマ

  • ●コミュニケーション不足による情報・伝達の不具合への対応
  • ●雇用形態が多様化し、非正規社員のウエイトが増え、入れ替わりが激しい
  • ●職場環境が低下している(人手不足で常に忙しい。残業時間が多い)
  • ●各部署での情報の共有化が図れていない
  • ●個人、部署間での仕事量の格差・業務量の偏りが見られる
  • ●作業効率の改善方法があるにもかかわらず、会社側が変化を好まない
  • ●技術継承、熟知経験者の退職・不在による職場での活力低下問題
  • ●女性活躍推進と男性社員のモラル問題

概要

発足 昭和43年2月開設(修了者56,000人)
対象 職場リーダー、主任・係長候補など、企業の中核として活躍するリーダー及び中堅社員
期間 [1泊2日]
2020年度
6月11日~12日(木・金)
9月17日~18日(木・金)
10月15日~16日(木・金)
11月19日~20日(木・金)
2021年
2月18日~19日(木・金)
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)
参加費
  • 一般:27,000円(資料、宿泊・食事代・消費善含む)+消費税
  • 会員:当協議会会員会社は25,000円+消費税
パンフレット
(受講申込書)
2020年ジュニア案内
備考 修了証が授与されます
各研修・セミナーの最新情報につきましては、トップページのお知らせをご覧ください。

お問い合わせ
CONTACT

〒151-0052
東京都渋谷区代々木神園町3-1 国立オリンピック記念青少年総合センター内MAP

TEL:03-3469-2381

FAX:03-3481-5726

Email:office@jec-j.or.jp

pagetop