監督者(職長・係長)基礎研修コース

 

監督者(職長・係長)基礎研修コース(1泊2日)

 監督者として職場のメンバーに働きかける能力を高め、人を動かしてマネジメントを実践する力を培います。

◆目的・内容

 変化する環境の中で、職場の中核社員として、自律的で多様なメンバーに働きかけ、より高い成果を追求する監督者・リーダーを育成します。チームの運営力を高め、メンバーのやる気を引き出すリーダーなくして、強い現場は生まれません。本研修は、男女問わず、チームリーダー、職長、係長などの第一線の監督者の方々が、自己の課題に向き合い、リーダーシップを発揮していくために必要なイカ項目について、理解・習得する2日間の集中コースです。

  • 目標達成に向けて、部下を動かして仕事を効率的に進める方法
  • 職場の問題を解決するために必要な原因究明と対策作りの実践法
  • チームの活力を高めるコミュニケーションと人間関係づくり
  • メンバーの持つ力を最大限に発揮させるための動機付け、育成法

◆研修成果

・自ら気づき、改善方法が明確になることによって、勇気と意欲を持って課題や目標に取り組むようになります。

・問題解決やチームの活力を高めるための考え方、手法を理解・習得することによって、監督者としての対話力や行動力が向上します。

・異業種の参加者同士が宿泊を通し、相互の深い交流や刺激によって、新しい気づき、視野の拡大を経て自身の成長に繋がります。

◆発  足

昭和42年10月開講

◆対  象

グループリーダー、現場責任者、職長、係長以上の監督者、又はそれに準ずる方

◆期  間(1泊2日)

平成30年 7月 5日(木)~ 6日(金)
平成30年 10月18日(木)~19日(金)

◆会  場

国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)

◆参 加 費

一般 32,000円(資料・D棟宿泊・食事代含む) +消費税2,560円
会費 30,000円(資料・D棟宿泊・食事代含む) +消費税2,400円

 ◆講師紹介

福田 徹・・・・新日本製鐵株式会社で、労務、総務、事業開発等の管理職を歴任後、人事教育コンサルタントとして独立。幹部、管理職、中堅社員等を対象にリーダーシップ、問題解決、部課育成などの各分野で活力溢れる実践指導には定評がある。著書は「新しい自分の作り方」他多数。

島田 義也・・・管理者養成学校の講師を長年勤め、その後、(有)島田教育総合研究所を設立。受講生には「何をどう行動すれば良いか」を引き出し、「例を挙げ、行動で表現」を主として実践している。著書に「教育スタッフ基礎講座」(産労研 企業と人材)等。